趣味で声の活動をしている南原 光香のブログです。
のんびり更新ですので、生存確認にはTwitter(@Koka_nanbarA)をどうぞ*
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
2013秋M3*/*アルカナと魔女(Disc02)*
日曜はM3でした…!
沢山の方にお会い出来て、毎回緊張しっぱなしですがそれ以上に内心はとってもにやにやわくわくと
しています(*´▽`*)
いつもお祭り気分で幸せな気持ちでボイスドラマスペースをふらふらしています。
そしていつも要領悪くてお会いできない方もいらっしゃるのですが次回こそは…!

今回もM3の宝物自慢の続きです*
もうそんな感じのブログになりつつありますね(笑)

実は2013年に聴いていたのですがなかなかブログにかけてなかった
Pipo worldさんで秋M3の時の『アルカナと魔女 Disc02』*
春M3の可愛いafter wardもあるのですがまずはこちらから…!
お前どんだけ聴くペースも書くペースもおっそいの!!と突っ込まれたら
スライディング土下座とかしか出来ない勢いですが、
まったりペースで忘れた頃に感想をにやにやと書かせて頂ければ幸いです…!!



実は初めてM3に一般参加した時に初めて会場で買ったCDが私は
アルカナと魔女さんだったので、とっても大切に拝聴してます((●´∪`●))*
本当に初めてM3でゲットした作品が此方でしあわせです*
あったかい世界観が本当に大好きです…*
以下、内容ついてわりと長々しく語っていますので未試聴の方はご注意ください。(ネタばれほんのり有です)
アリ語おいしいです!!!


真面目に語らせて頂きます…
冒頭の精霊さん達と虫達の声の重なり方がとっても素敵で
精霊さんたちはすっごくふわふわしているのに、森独特の空気の深みというか…、
そんな空間自体がとっても好きです。

Track1のセシルちゃんの語りを聞いてると本当にこの子幸せになって、
おめめだけじゃなくて誰かぎゅーってしてあげてって思います…!
語りの可愛いけどどこか素朴で、時々大人びて見えるところと、
精霊さんの無邪気な声との差にすごく切なくなります。

Track2のアルカナの小さい頃にも、セシルちゃんとは違うようで
どこか孤独というか、上手く言葉であらわせないのですがセシルちゃんと
似ている部分を感じてDisc1の行動を思い出して少しほっこりしました…*

そんなシュヴァリエの周りにオルテウスやルーベウスが来てくれて
賑やかなシーンがとっても大好きです。
軍の皆のそっこに痺れる憧れるぅーとお前かーい!のノリノリな感じが
大好き。
(そして追いつめられる陛下悪い奴なのになんか可愛い…)
シュヴァリエとオルテウスの当時の会話が何だか和みます…!!
やりとりもとっても大好き…!

裏切りものーってなった後でも飲まなきゃやってられないオルテウスが
切ないけど可愛いです。
そう思ってたらアルカナ処刑ーっ!になっていまって、え、ちょ、
セシルちゃんどうなるの!?って思ったら「ちょーっと待った!」で…!
誰か抱きしめてあげて大丈夫大丈夫??ってさっき思ったばっかりだったけれど、
実際にセシルちゃんの中の芯はとってもしっかりしていて、
1人で立ちあがって向かっている姿にびっくりしつつも、
Disc1から(勝手に)見守っていると、とても嬉しくなりました。
いろんな積み重ねの中で今回のセシルちゃんの行動が生まれたのかなって
思うとなんだか上手く言葉にできないんですが心に響きました…!

(そしてアリ語はぁはぁ)
(しぇばりえええええ会いたかったぞおおおかわいいよルーベウス様)
(その後のアリ語はぁはぁ)


そしてやっぱりセシル先生は、馬鹿弟子!ありんこ!って言ってる時が
にやにやして嬉しいです(*´▽`*)
でも「間に合ってよかった…」は反則です…!
(そして終わりになるにつれて可愛く感じるバッカス…)

終わり方としても、自分の芯がしっかりしているセシルちゃんが
眩しかったです。
「とりにいきます!!」が可愛いですアルカナ。
とっても心が温まって、でもスタッフロールのBGMが深くて綺麗で
セシルちゃんが森に戻って行くような感じに聞こえて…!
とっても綺麗で、優しい世界感が本当に大好きです(*´▽`*)
(そして何回も忘れ物するアルカナ弟子さんかわいいです)

長々しく日本語うっひょいひょいで書いてしまいましたけど、
会場で初めてゲットしたCDが、この作品のDisc1でとっても幸せです(*´▽`*)

あたたかい優しいと森の深い空気を感じる素敵な時間を本当にありがとうございました!
繊細な登場人物達の感情がとっても愛おしかったです。
- comments(0) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://knanbara.jugem.jp/trackback/29
<< NEW | TOP | OLD>>